東京 Bro.taisuke Gospel Choir 公式BLOG [ライブ] すみジャズレポート その2
FC2ブログ




東京 Bro.taisuke Gospel Choirは、ニューオリンズでゴスペルを教えていたBro.taisukeが立ち上げたGospel choirです♪


Welcome♪

ようこそ!東京 Bro.taisuke Gospel Choirへ♪

tokyo.btgc

東京 Bro.taisuke Gospel Choirは、ニューオリンズでゴスペルを教えていたBro.taisukeがコンダクトするGospel choirです。 アメリカ南部の源流に忠実なオールド・スタイルのブラック・ゴスペルを中心に、コンテンポラリーまで、Bro.taisukeの発想のままユニークな選曲とわかりやすい指導で、ゴスペル初心者も楽しく歌えます。 興味ある方は、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。



Contact us♪

当choirへのお問い合わせ、お申し込みはコチラよりお願いします。 下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。 尚、こちらからお問い合わせ内容に関するメールを 返信させていただく場合があります。 迷惑メール対策をされている方は、お手数ですが 「@gmail.com」 の受信が可能な状態にしてください。

名前:
メール:
件名:
本文:



Follow us!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



Twitter



QRコード

QRコード

携帯からも見れますよ♪



Thank You ♪



Twitter「つぶやく」ボタン Check にほんブログ村 ゴスペルブログへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Twitter「つぶやく」ボタン Check にほんブログ村 ゴスペルブログへ
[ライブ] すみジャズレポート その2
※メンバーがお届けする、すみジャズレポートの第2弾です♪
今回事情が有ってステージには立たなかったSAWAさんによる、観客席からのレポートです


-----

参加2回目となる墨田ストリートジャズフェスティバル、今回は観客として聞きに行ってきました♪




東京Bro.Taisuke Gospel Choirを客席で聞くのは、まだメンバーではなかった2年前以来です。
あの時は、踊りだしたくなるくらい楽しかった!

今回は、正直、不安要素がいっぱい。
会場は今まで歌ったことがないような、1800席を有する大ホール。


うちの前に歌うのはDUCというセミプロ集団。
しかも自分が参加した本番3回前のリハ時点では、まだまだ他人様の前で披露できるような出来ではありませんでした。

私が思うに、このクワイアのよさは、とにかく楽しく、勢いがあって、はじけるような笑顔になれること。
裏を返すと、勢いがつかないと どうにもならない。
極端にたとえるなら、アリではなく キリギリスです。

“きっと楽しい時間になる” と信じる反面、
“あまりにグダグダで、がっかりすることになったらどうしよう” と心配もしていました。

・・・けど、大丈夫でした!


最初の一曲目から全力投球。
直前2回のリハで追い上げたのか、以前はヨロヨロだった箇所も仕上がってる! よかった!!(涙)

今回 歌ったのは、以下の6曲。

What a friend we have in Jesus
Deep river
How I got over
I've got a right to praise the Lord
This morning when I rose
Victory is mine

みんな はちきれんばかりの笑顔で、時には手をあげて、クラップ(拍手)して・・・


その明るい空間が、客席まで広がってくるようなエネルギーでした。
たまに疲れて失速したり、退場時には三々五々消えていったりしたのも ご愛嬌。
なんだか自由な集団です。


身内びいきも多分にありますが、聞いていて、一番楽しかった!

もちろん、まだまだなところがあるのも重々承知です。
その後の打ち上げでは、今後の課題についての会話が、誰からともなく交わされていました。
なおかつ、終始 笑い声に包まれる楽しい時間に。


音楽をこよなく愛するキリギリスの望みは、自由に楽しく心の底から歌うこと。
“コツコツ努力すること自体は目的にならないけど、それでもっと楽しくなるなら、ちょっくら がんばってみようかな”
そんな空気を感じました。


キリギリスたちは、きっと今日も明日も歌っています。

そしてやっぱり、聞いているより歌った方が楽しいのです。

次回は私も一緒に歌うぞ!


Written by SAWA

-----


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。