東京 Bro.taisuke Gospel Choir 公式BLOG 2008年03月




東京 Bro.taisuke Gospel Choirは、ニューオリンズでゴスペルを教えていたBro.taisukeが立ち上げたGospel choirです♪


Welcome♪

ようこそ!東京 Bro.taisuke Gospel Choirへ♪

tokyo.btgc

東京 Bro.taisuke Gospel Choirは、ニューオリンズでゴスペルを教えていたBro.taisukeがコンダクトするGospel choirです。 アメリカ南部の源流に忠実なオールド・スタイルのブラック・ゴスペルを中心に、コンテンポラリーまで、Bro.taisukeの発想のままユニークな選曲とわかりやすい指導で、ゴスペル初心者も楽しく歌えます。 興味ある方は、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。



Contact us♪

当choirへのお問い合わせ、お申し込みはコチラよりお願いします。 下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。 尚、こちらからお問い合わせ内容に関するメールを 返信させていただく場合があります。 迷惑メール対策をされている方は、お手数ですが 「@gmail.com」 の受信が可能な状態にしてください。

名前:
メール:
件名:
本文:



Follow us!



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



Twitter



QRコード

QRコード

携帯からも見れますよ♪



Thank You ♪



Twitter「つぶやく」ボタン Check にほんブログ村 ゴスペルブログへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Twitter「つぶやく」ボタン Check にほんブログ村 ゴスペルブログへ
2008/03/20 『新宿春の楽しいジャズ祭り』ライブレポ<その2>
少々長くなりましたが、いよいよ本番編です。
(その1は、こちらからどうぞ!)



■18:30 そして本番へ ─ 観客とともにつくられるステージ

朝は11時に集合し、いくつかの出番をこなしてきたわれらBTGC。「やっと本番かYO!」と心の中で叫んだメンバーも多いのではないでしょうか。直前の「大ホール全員集合」でくたくたになった人もちらほら。本番までは体力温存……というコントロールの仕方もひとつありますが、その場その場を全力(ここポイント)で楽しむ!という、BTGCらしさに溢れた1日なのでした。

さあ、次こそ本当にエネルギーを出し切るときです。スタートの1時間前に集まり、セットリストのチェック、入場の仕方の確認と練習、小さな声で音合わせ……否が応でもボルテージは上がっていきます。

1曲目は『Down In The River To Play』。クワイアは二手に分かれ、この曲を歌いながらステージ中央目指して歩みを進めます。はじめはステージの両端から沸き起こった歌声が、徐々にひとつになり、ひとつになった声をマイクが拾う。気がつけば辺りが心地よいハーモニーに包まれていた!という(ことを意図としていたかは分かりませんが)、Bro.taisukeの演出は大成功でした。

新宿春のジャズフェス2008フォト 新宿春のジャズフェス2008フォト 新宿春のジャズフェス2008フォト

続いては『Precious Lord』、ここからはバンドの演奏も加わります。ゆったりとしたテンポで歌い上げるタイプの曲ですが、こういう曲こそ体力が必要ですよね。比較的低い音域から繰り出されるメロディーは、曲の盛り上がりとともに高く。まるで天に届くかのように声が伸びていきます。リハでは冒頭に練習することの多いこの曲で、楽器である自分の体を今一度目覚めさせることにもなりました。

次は『Something Got A Hold Of Me』。ミディアムテンポで始まった曲は、「Holy Gohst!」のVampで限界までアップテンポに。今回のパフォーマンスでは要のひとつとなったのが、この曲ではないでしょうか。見たことのない黒人教会に思いを馳せ「きっとこんな感じなんだろう」なんてよぎりながらも、限界のテンポに限界の歌声を乗せていく。クワイアのテンションは最高潮に達します。この曲の終了とともに、「酸欠になった」「倒れるかと思った」というメンバーも多かったことでしょう。

新宿春のジャズフェス2008フォト 新宿春のジャズフェス2008フォト 新宿春のジャズフェス2008フォト

息は切れ切れ、それでも変わらず全力疾走なクワイアを横目に、ステージは4曲目の『God Has Smiled On Me』へ。われらのディーバ、masaさんのソロです!本番直前までは疲れたような表情を見せていたmasaさんですが、いつのまにかそんな様子はどこへやら。しっとりと、そして力強く歌い上げます。

そしてアカペラでの『Lift Every Voice And Sing』、かの名曲『Peace Be Still』と、再びスローなテンポで歌い上げる壮大な楽曲に移ります。この頃からでしょうか、客席後部でジャズフェスのスタッフが「10分前」「5分前」とサインを送り始めたのは。今回は40分間ミチミチに詰め込んだステージ。予定していた曲をすべて歌えるか……違う意味でドキドキしたのは言うまでもありません。

新宿春のジャズフェス2008フォト

さていよいよ終盤戦です。『Can't Nobody Do Me Like Jesus』、さらに『This Little Light Of Mine』『Jesus Is On The Main Line』『Down By The Riverside』のメドレーと、アップテンポの曲でパフォーマンスはヒートアップ!Bro.taisukeは「立ってください」と、煽り方としては見たことのない腰の低さでお客さんを巻き込んでいきます。

これです。自分たちが楽しんでステージに立つのはもちろん大事ですが、お客さんにも楽しんでもらわなければ意味がありません!コンダクター、クワイア、バンド、そして観客。この4つが揃ったときに初めて、われらBTGCのステージングが成り立つ。と、筆者は勝手ながら思っています。



思いのほか超大作、あるいは長駄文になってしまったレポ、いかがでしたでしょうか。

次のライブは秋の予定。「次も観たい!」という方、ぜひぜひお待ちしています。そしてもちろん「一緒に歌いたくなった!」という方、大歓迎です!本場アメリカ南部のバプティスト教会の空気を、ともに肌で感じちゃいましょう!

#直近のリハについては、こちらをご覧くださいね。

(文責:CHISA)
スポンサーサイト

Twitter「つぶやく」ボタン Check にほんブログ村 ゴスペルブログへ
2008/03/20 『新宿春の楽しいジャズ祭り』ライブレポ<その1>
今年もやって参りました、新宿春の楽しいジャズ祭り!われらBro.taisuke Gospel Choirも、ソプラノ10名、アルト5名、テナー10名の総勢25名で乗り込みました。

会場である新宿文化センターの至るところで、多種多様なパフォーマンスが繰り広げられる新宿ジャズフェス。ホールだけでなく、会議室や展示室、しまいにはエントランスや和室やホワイエ(ホール施設にある広めの通路)までがライブ会場へと姿を変えます。

当日はあいにくの雨。春めいた陽気が続いていたのに、この日だけ冬に逆戻りしたかのようでした。 しかし!そんな天気もなんのその!BTGCの熱ぅーーーい1日を、ライブレポ形式にてお届けします。



■14:30 友情出演でウォームアップ ─ 夢ブラスバンドとの共演

さて私たちの最初の出番は、夢ブラスバンドのサポーティングアクトです。

新宿春のジャズフェス2008フォト 新宿春のジャズフェス2008フォト 新宿春のジャズフェス2008フォト

夢ブラスバンドは、ニューオーリンズのオイニーが漂うFunk 'n' Groooooove!なバンド。ひとたび演奏が始まれば、聴く者の体を勝手に動かしてしまうという特殊能力を持っています。いや、私が勝手に踊っているだけかもしれませんが……。

出番があることだけ知らされていたBTGCの面々。「何をすればいいの?」「始まれば分かる」─やや省略しすぎですが、直前にこの程度のやり取りが交わされただけでした。それでも不平を漏らさず、そして実際にどうにかなってしまうのがBTGC。さすがBro.taisukeの「何が起こるか分からない」パフォーマンスに慣れているだけあります。

演奏開始とともに、バンドの傍らで思い思いに体を揺するメンバーたち。サポーティングアクトというより、演奏そのものを楽しみながらライブは進行していきました。

そしてライブ終盤、Bro.taisukeがゲストヴォーカルとして乱入!歌い、踊り、オーディエンスを煽り、いつものtaisukeスタイルのパフォーマンスが繰り広げられます。
最後は、おなじみ『Jesus Is On The Main Line』。ここはもちろん、BTGCもともに歌いました。

本番前に大きな声を出しての音合わせが困難な環境だった、この日。期せずしてウォームアップすることとなり、またライブに初めて参加するメンバーの緊張も(たぶんw)ほぐしてくれました。夢ブラスバンドに感謝!



■16:00 生ける伝説?の飛び入り参加 ─ 大ホール全員集合

続いての出番は「大ホール全員集合」。たくさんの出演者が一堂に会し、ドデカいセッションを行うというものです。あちこちの会場で「大ホール全員集合」の告知をしていたためか、ホールには続々と人が集まって来ました。その勢いは、客席後部で待機していた私たちが通行の妨げになるほど。

われらBTGCの任務は、熟練プレイヤーの演奏に合わせた場内パレードです。客席の間を30分間練り歩いていきます。

新宿春のジャズフェス2008フォト 新宿春のジャズフェス2008フォト 新宿春のジャズフェス2008フォト

この頃になると、メンバーのほとんどが赤の衣装にチェンジ。これが目立つんです。本番を前にしてクワイアを印象づけられたかもしれない……とほくそ笑むことしきり。事実、筆者はパレード終了後に年配の紳士に「いやー良かったよ」と声をかけられたんですから。ただし「あなたは何やるの?ダンス?」と言われましたが……。

その途中、筆者の世代からすれば「おじいさん」と呼べる男性が、なんとパレードの列に飛び入り参加。かばんの中からおもむろにマイ傘を取り出し、軽い足取りで踊り始めました。

「傘???」という方に向けて、ちょっぴり解説します。
このときBTGCが行ったのは、ニューオーリンズでは伝統的なジャズ・フューネラルから生まれたスタイルのパレード。つまりお葬式(!)のときのパレードなのです。
葬儀場から墓地までは、個人を偲ぶような重々しい曲を。そして埋葬が終わった帰路では、独特のビートを持つ底抜けに明るい曲を演奏しながら行進します。このとき列に加わった人たちは、ハンカチや色とりどりの傘を振りながら隊を進めることでも有名なのです。

というわけで「傘」なのですが、聞くところによると、件の紳士はこの手のイベントによく参加する有名な方なのだとか。御歳80ウン歳、その軽快なステップはきっと若い頃のままだったはずです。音楽のいいところって、こうして年を重ねても、そして孫子ほどに年の違う者同士が集まっても、ともに楽しめてしまうことにありますよね。



さてさて30分間練り歩き、汗だくの上、すっかり足腰にガタがきはじめた面々。いよいよ本番と相成りましたが……ライブレポ<その2>へ続く!

(文責:CHISA)

Twitter「つぶやく」ボタン Check にほんブログ村 ゴスペルブログへ
08/04/05春のキックオフ!! は東美教会で♪
吉祥寺教会


4月新年度♪
JAZZフェスという山を一つ越えて、東京 Bro.taisuke Gospel Choirの新年度スタートです。

新曲練習も始まる良いタイミングです。
初心者の方も歓迎。

ニューオリンズ仕込みの熱いワークショップを体験してみませんか?

参加お待ちいたしております♪



【リハ開催概要】
■日時 :4/5(土)16:00~19:00
■参加費 :1500円(途中参加、退出も一律でお願いします)
■場所 :東美教会(吉祥寺)
   武蔵野市吉祥寺本町4-14-9
■講師 :Bro.taisuke
■地図
コチラ

【お問い合わせ】
ワークショップは参加申し込み制を取っております。
参加ご希望の方、ご質問のおありになる方は下記よりお気軽にどうぞ♪
■公式サイト申し込み、問い合わせフォーム
http://spiritofsouth.oops.jp/tokyobtgc/CONTACT_US.html
又は当Blogの申し込みフォームより

■mixi内 イベントトピック
http://mixi.jp/view_event.pl?id=29424311&comment_count=5&comm_id=957368


<道案内>
・吉祥寺駅のJR線路北側、
・PARCOのある交差点からNAKAMICHI商店街を進みます。
・600mほど進むと入り口にあるのと同じ『NAKAMICHI』アーチが現れます。
・アーチを通り過ぎて、左手に公園(中道公園)がある十字路を右折
・100mほど進んだ十字路の角が「東美教会」です。
(東急デパートの南側の道をまっすぐ進んでも正面に出ます)
吉祥寺駅から徒歩約10分

Twitter「つぶやく」ボタン Check にほんブログ村 ゴスペルブログへ
【DJ ゆたか】 濃いめのGospel動画 【1】
JAMES CLEVELAND

当Choirには、SOUL業界でその名を知らぬものがいない
レコードコレクターであり、その卓越した選曲によってフロアの
テンションを自在に操る女装がちょっと好きなニッチなカリスマ、

DJ ゆたか博士がおります。(時にゆた子)


そんな博士が、忙しい時間を割いておすすめのGospel動画を
解説付きで寄稿して下さいました。


とても勉強になるっす♪
(不定期連載の予定)


パソコンはモチロンですが、携帯からも見られるように細工してありますので、
是非お楽しみ下さいませ


++++++++++ DJ ゆたか氏 寄稿 ++++++++++


■SISTER ROSZETTA THARPE「DOWN BY THE RIVERSIDE」

「DOWN BY THE RIVERSIDE」
http://www.youtube.com/watch?v=4xzr_GBa8qk
(埋め込み不可)

いわゆるギターエヴァンジェリスト(ギターを片手に各地を伝道した回る人達)として戦前から活躍した女性シンガー。
ジャズ畑からも評価が高く、CAB CALLOWAYなどとも録音をしている。

■TRAMINE HAWKINS「CHANGED」

「CHANGED」
http://www.youtube.com/watch?v=9G78TpSwN5s&feature=related



ゴスペル界最高の女性シンガー。ARETHA FRANKLINがその声に憧れWHITNEY HOUSTONが真似したという。
「OH HAPPY DAYS」で有名なHAWKINS FAMILEYのWALTER HAWKINSの元奥様。

■JAMES CLEVELAND「CAN'T NOBODY DO ME LIKE JESUS?」

「CAN'T NOBODY DO ME LIKE JESUS?」
http://www.youtube.com/watch?v=cUmEAB4xcKg



近代ゴスペルのパイオニアであり「ゴスペルの王様」と呼ばれた最重要人物。
映画「GOSPEL」から圧巻の映像です。

■FIVE BLIND BOYS OF ALABAMA「SOMETHING GOT A HOLD ON ME」

「SOMETHING GOT A HOLD ON ME」
http://www.youtube.com/watch?v=KDsyvV-uG8w&feature=related



強力なシンガーCLARENCE FOUNTAINEをリードに従えた盲目者を中心にした名門ゴスペルカルテット。
結成から60年以上経つ現在も活動中。

■THOMAS A DORSEY「PRECIOUS LORD」

「PRECIOUS LORD」
http://www.youtube.com/watch?v=kA0UV62zQFc



「ゴスペルの父」と言われたTHOMAS A DORTHYが作ったこれ以上ない名曲。ほぼ全てのゴスペルシンガーがこの曲を歌っているのではないでしょうか?
映像は映画「マザー」より。

■VANESSA BELL ARMSTRONG「PEACE BE STILL」

「PEACE BE STILL」
http://www.youtube.com/watch?v=RAbxsMwHyYc



80年代を代表するゴスペルシンガー。小柄ながらパワフルです。

■MARY MARY「CAN'T GIVE UP NOW」

「CAN'T GIVE UP NOW」
http://www.youtube.com/watch?v=oNk2whMMWiI&feature=related
(埋め込み不可)

姉妹デュオとしてR&B,GOSPELの世界で90年代に大人気に。
JAMES CLEVELANDの代表曲「I DON'T FEEL NO WAYS TIRED」をリメイク。

■Shirley Caesar, Yolanda Adams, & Donnie McClurkin&Fred Hammond- Medley

Medley
http://www.youtube.com/watch?v=PVesYVBc6Ow



さすがの貫禄の「ゴスペルの女王」SHIRLEY CAESARが軽く見本をみせて、次世代のシンガー達がリレーのように歌い上げていく。ゴスペルは世代を超えてといったところでしょうか?

Twitter「つぶやく」ボタン Check にほんブログ村 ゴスペルブログへ
2008/03/15 ジャズ祭り直前リハのお知らせ♪
秋フェス写真


新宿春の楽しいJAZZ祭りに向けて最終のリハとなります。
皆様ふるってご参加下さいませ♪



新宿ライブに参加する方も参加出来ない方も、みんなで楽しく歌いましょう♪
ライブ前なので気合いの入ったリハを体験できるチャンスです♪


今回、また新規の会場となります。
ベースが増えてきてうれしい限りです。

【リハ開催概要】
■日時  :3/15(土)13:00~16:30(17時完全撤収)
■参加費 :1500円(途中参加、退出も一律でお願いします)
■場所 :椎名町教会(西武池袋線:東長崎駅)
     豊島区南長崎4丁目2-6
最寄り駅:大江戸線 落合南長崎駅or西武池袋線 東長崎駅
■地図 :コチラ
■講師  :Bro.taisuke

※注意事項
●下足では上がれません。各自靴袋を用意して下さい。
●教会敷地内は禁煙です。
●駐車場はありません。公共の交通機関をご利用下さい。


【お問い合わせ】
リハは参加申し込み制をとっております。
参加ご希望の方、ご質問のおありになる方は下記サイトよりどうぞ♪

■公式サイト申し込み、問い合わせフォーム
http://spiritofsouth.oops.jp/tokyobtgc/CONTACT_US.html
■mixi内 イベントトピック
http://mixi.jp/view_event.pl?id=28686659&comment_count=1&comm_id=957368



【3月20日 新宿楽しい春のJAZZ祭り チケットのお問い合わせ】
■公式サイト申し込み、問い合わせフォーム
http://spiritofsouth.oops.jp/tokyobtgc/CONTACT_US.html



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。